テスト領域

13の領域からテストを行います。

お子様の実力を細かく把握するために
13の領域を設定してテストします。

全統オープンでは、お子様の力をより細かく正確に把握していただくため、13の領域を設定してテストをおこなっています。

  • 知能
  • 言語
単語の量・質、知識、単語の音節、形容表現・修飾表現、文法など、どんなことばをどのくらい持っているか、持っていることばをどのように使うか、他人からのことばをどのように理解するかを中心にテストします。
  • 知能
  • 記憶
形・色・位置・登場人物の動作などの映像的記憶、話の内容の記憶、指示の記憶と実行などを中心にテストします。
  • 知能
  • 数量
多少を比べる、数える、束ねる、加える、合わせる、減らす、分けるなど、基本的な数の操作をテストします。また、単位や保存の概念形成なども採点します。
  • 知能
  • 推理
順序づけ・位置の移動・法則性の発見・見え方の推理など、ある条件から答えを類推する操作をテストします。
  • 知能
  • 構成
形の分割と合成・片の組み合わせ・絵パズル・平面を組み合わせた立体・立体同士の組み合わせ等を、実技またはプリント課題の推理という形でテストします。
  • 知能
  • 知覚
図形の弁別(同形発見・異形発見)・図形の模写などをテストします。また、図形の置き換えなど作業速度の速さもこの領域で採点します。
  • 知能
  • 常識
    生活
家庭・地域・幼稚園・公共の場など自分のまわりへの興味、日常生活のようす、マナーなどをテストします。また、動植物や季節など、身のまわりのものへの興味関心や知識も採点します。
  • 技能
  • 絵画
    制作
プリント・課題制作・共同制作・絵画等を通して、書く・切る・貼る・折る・結ぶなどの指先を細かく動かす作業のようすをチェックします。また、創意工夫や発想力などもこの領域で採点します。
  • 技能
  • 生活
    技能
着替え・食器の使い方など、自立した日常生活に必要な技術をチェックします。
  • 運動
  • 運動
    技能
マット・鉄棒・走る・とぶなど、「できる・できない」で判断できる運動領域です。
  • 運動
  • 運動
    総合
平衡感覚・リズム感・敏捷性・調整力・体力等の運動能力そのものの発達をチェックします。
  • 行動
  • 行動
テスト中の行動のようすをチェックします。意欲、積極性、協調性等が中心になります。
  • 行動
  • 態度
テスト中の行動のようすをチェックします。集団の中での基本的なマナー、落ちついた行動、指示理解等が中心になります。